当教室で大切にしたいこと

教室

9月に田園調布にキッズ向けの書道(習字)教室を開講する予定で、今は着々と準備を進めています。

タブレット学習が進んでいる中で今時書道教室なんて時代遅れかもしれません。

この先、字を書く機会が減っていくことは多分確実。

今でさえ、あれ、今日またっく字を書いていない!なんて日もありますよね。

こんな仕事をしていながら言うのもなんですが、必ずしもきれいな字が書ける必要はないと思っています。

特に子どもに関しては、字が苦手な子はそれを改善することに時間と労力をかけるよりは他の自分の長所を伸ばすことに時間を注いでほしい。

そんな風にも思います。

でも、”楽しい!”そう思えることが増えることはこの先きっと力になる。

その1つが「書くこと」である子どもが増えることほど嬉しいことはありません。

”書く”って勉強にも直結しますよね。

タブレット学習が進んでいるとはいえ、幼少期からそれのみになってしまっては子どもたちの学力はみるみるうちに低下していくのでは?と個人的には思っています。

もちろんある程度の年齢になってからや大人になってからは、便利なツールを使いこなしていくことは必須。

でも、幼少期にタブレットやスマホはもちろん皆無、まだワープロくらいしかない時代に生まれた私たちの年代でも、いまやタブレットやスマホを使いこなし、仕事はほぼパソコンで行なっていますよね。

これらの技術は、必要に駆られて習得しようと思えばすぐにできるものだと思っています。

では、現代を代表するような仕事をしている有名な方達は、幼少期まったく字を書かずに勉強をしてきたでしょうか?

答えは明らかですよね。

脳と手先を使って書き、考える。

昔は当たり前にやってきたことですが、これは単に字を書くということだけではなく子どもたちの成長にとって大切な大切な要素の1つだと思います。

繰り返しになりますが、字は絶対きれいに書かなくてはいけないというものではありません。

ただ、字を書くことが楽しい方がきっと人生は豊かになる、将来につながるものを育んでいく力になる、そう思っています。

そのため、田園調布教室ではただ書いて先生に○×をつけてもらって終わり、ということはしていません。

✔︎字を書くことが楽しくなる

✔︎自分で考える力をつけていく

✔︎集中して手先を存分に使い脳を活性化させる

これらをレッスンの中で大切にしていくことで、最終的に人生の中でプラスになるような自分の好きな字を身につけていってもらいたいと思っています。

もちろんレッスン全体を通して、はじまりのあいさつ・道具の扱い方・終わりのあいさつなどの礼儀作法も身につけていくことができます。

だいぶ熱く語ってしまいましたが・・・

田園調布のキッズ向け書道(習字)教室の詳細は随時こちらのホームページに掲載をしていきますので、ぜひご覧ください♪

墨庵Kids田園調布教室

手ぶらで通える!東急東横線田園調布駅からすぐ!〜大田区・目黒区・世田谷区から通いやすい書道(習字)教室〜

コメント